【超危険】猛毒殺人アリの『ヒアリ』の危険性

【学名】ソレノプシス・インヴィクター

ラテン語で『不敗の蟻』の意

【ヒアリの毒性について】

年間100人以上が死亡する危険性を持つ小さな侵略者その毒性は強く小さなネズミなどな集団で殺して餌にしてしまうとのこと。
【火蟻の症状】

軽度:刺された部位の痛みやかゆみ
役10時間ほど経つと膿がでてくる。

中度:じんましん
刺されて数分から数十分後には刺された部分を中心に赤く腫れが広がる。

重度:呼吸困難・血圧低下・意識障害
刺されて数分から数十分の間に息苦しさ、声がれ、激しい動機やめまいが
特に蜂にさされたことがある人はアナフィラキシーショックに気をつけるべき。

症状にもよるがヒアリの毒にアルカロイド系の毒がありスズメバチと同等の有毒成分を持っている。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP