簡単【Windows10電源自動スリープ】にするための設定方法「5分」

Windowsのシステム設定を変更して操作が無かった場合自動的にスリープ状態にする。

各OSバージョンごとに設定が違います。

スリープ状態にする設定

まず[電源オプション] を開きます。

Windows 10 の場合 Windows 10 の場合は、[スタート] を選び、[設定] 、[システム] 、[電源とスリープ] 、[電源の追加設定] の順に選びます。
Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の場合 画面の端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して、[検索] をクリックします)。検索ボックスに「電源オプション」と入力し、[電源オプション] をタップまたはクリックします。
Windows 7 の場合 、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[電源オプション] をクリックします。

 

システム設定を選択する

電源とスリープを選択

電源スリープの詳細設定を行う

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP