被リンク確認サイトOpenSiteExplorerの使い方とステータスの見方

被リンク確認サイトOpenSiteExplorerの使い方とステータスの見方

SEO対策を考える上で自分のサイトがどんな状態なのかを確認することは重要だ。

特にSEO対策では他のサイトから支持票バックリンク被リンク)については、Googleの検索エンジンでは有効と言われている。

ただ、リンクを増やせば結果がそのまま良くなる≒決してそうではないというのがいろいろなサイトを確認すると書いてあるだろう。

スパムと勘違いされたら困るし、リンクの数も重要。。。

Google先生にサイト評価基準を確認することができれば一番早いのだけれどそれはブラックボックスなのでわからない。

そこで今回探したのが「被リンク確認サイト

ある程度基準になる指標はないものかと探してみるとMOZの「OpenSiteExplorer」がかなり使えそうだったので紹介する。

OpenSiteExplorerのステータスについて紹介

ドメインオーソリティー「DOMAIN AUTHORITY」

ドメイン権限

ドメイン局はすべてのリンクメトリックアルゴリズムの組み合わせに基づいて検索エンジンでルートドメインでランキングの可能性を予測します。

ドメインに対する評価スコアを表したもの最低0で最高が100

ページオーソリティー「PAGE AUTHORITY」

ページ権限

ページ機関すべてのリンクメトリックのアルゴリズムの組み合わせに基づいてページランキングの可能性を予測します。

ページに対する評価スコアを表したもの最低0で最高が100

インバウンドリンク「InboundLinks」

サイトの影響力を測ります。
あなたが入力したページ、サブドメイン、またはルートドメインへのインバウンドリンクを参照してください
リンクのページを分析します。

リンクに対する評価スコアを表したもの。

Title and URL of Linking Page

どんなタイトルのページからリンクされているかアンカーテキストはどのように設定されているか?

スパムの可能性はないかどうかなどを確認することができる。

設立リンク「Established Links」

一意のルートドメイン数
外部と内部の総リンク数

  • リンクされているドメインルートの数
  • リンクされている総数の確認

OpenSiteExplorer

サイトステータスを確認する

https://moz.com/researchtools/ose/

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP