XSERVERでbitbucketを使ってsshでgit clone

初期設定の参考情報

BitbucketにSSH認証鍵を設定する – Qiita

会社ではgitlabを使っているのですが、 個人の開発中のプログラムなどの管理は、Bitbucketで管理しています。 非公開のリポジトリ管理が無料できる利点があります。 今回は認証鍵の設定をまとめます。 アカウントを作成 下記でアカウントを作成する。 ※今回は、端折ります。 https://bitbucket.org/ SSH認証鍵の設定 公開鍵と秘密鍵を作成 Terminal $ ssh-keygen -t rsa -C *********@**…

SSH鍵の作成

SSHconfigの設定

$ vi .ssh/config

Host bitbucket.org
HostName bitbucket.org
IdentityFile ~/.ssh/bitbucket/id_rsa.bitbucket.org
User git
Port 22
TCPKeepAlive yes
IdentitiesOnly yes

解説:User部分のgitは固定

Bitbucket設定

①Access keysにid_rsa.bitbucket.org.pubの内容を書き込む

sshでgit clone

git clone git@bitbucket.org:[アカウントオーナー]/[リポジトリ].git

例:git clone git@bitbucket.org:hogehoge/hoge.git

sshでpushするためには再度SSHの設定をする。

アカウントに紐づくSSH鍵に設定をしないと読み取り専用になり更新ができない。

なので一度先程の登録したSSHは削除してユーザーに紐づく「SSH鍵」からpubの鍵を登録する。

最初の①に書き込みを行っただけでやるとrepository access denied. access via a deployment key is read-only.

読み取り専用になるので同じkeyは登録できないから①のSSHは一度削除してSSHに登録を行う。

なんだかとっても紛らわしいなと思った。

$ git remote -v
  origin  https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
  origin  https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git (push)
$git remote set-url origin git@github.com:USERNAME/REPOSITORY.git
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP