仮想通貨大量流出『Zaif』ザイフで67億円分の仮想通貨が不正流出

仮想通貨取引所『ザイフ』(ZAIF)で2018年9月14日大量の仮想通貨が不正送金される

コインチェック以来の大量の仮想通貨流出事件であることは間違いなさそう。

運営会社の【テックビューロ】の発表によると9月14日の午後17時頃特定の口座に大量の【ビットコイン】が送金される動きを確認

合計「5960」枚のBITコインが不正に流出

ZAIFの仮想通貨流出の犯人は誰だ?

前回コインチェックの事件の時は『北朝鮮』に向けての不正送金が多かった今回も同様に海外の犯人が絡む内容になるのか?

もしくは、過去にザイフで勤務していた職員などがシステムの網を掻い潜り不正にコインを流出させたのか?

などなどいろいろ考えられることはあるが憶測や他の可能性も沢山ありすぎて今後どうなっていくのか気になっている。

今回ZAIFで流出した仮想通貨

仮想通貨「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の3種類

ビットコインはもう安全ではない危険な仮想通貨

安全な仮想通貨「ビットコイン」と思われていた仮想通貨だが、今回の事件でブロックチェーン事業に関連する株や銀行などの価格はすごく下がると思うし、何よりBITCOINの価格は急落するのではないかと思われる。

今回のことを考えるに取引所の安全性を国が担保することができないのだから各それぞれの企業が安全を保証するしかない。

しかし、一年に2度も大きい事件があり、大きい取引所が大惨事を繰り返すような金融商品は価格を維持することは難しいだろう。

安全な金融商品など存在するのかというと少なくともこれは大丈夫などというものはないのが現状だ。

ただ、仮想通貨は今すごく不安定で先の見えない闇の中にいると言っていい状態なのではと思ったしだいである。

今日、いろいろなところで電車の人身事故が多かったのも仮想通貨の影響が大きいのかなと思った。

みんな気をつけてね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP