wordpress ワードプレス ワードプレステーマ

【SEOに強い!】ワードプレス有料テーマ8種選ぶポイントと機能を比較してご紹介!

更新日:

これから有料ワードプレステーマを使ってみようと考えているあなたは「ワードプレス」「有料」「テーマ」「SEO」「強い」「おすすめ」などのキーワードで検索する方が多くいらっしゃると思うので数多くの有料ワードプレステーマと無料のテーマを使った私から本当におすすめできる有料の価値があるワードプレスのテーマをご紹介したいと思います。
実際に私はよくアフィンガーとトールを比較するためにいろいろなキーワードで検索をしていたのできっと参考になると思います。

AFFINGER5(WING)

SEOに強いWordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」で集客力をアップさせよう。
Affinger
このサイトはPHPのバージョンなどの関係でコクーンを使用していますが、一番多く使っているワードプレステーマAFFINGER(アフィンガー)を使用しています。
使う理由としてはSEOの効果を早く実感できるところが一番の理由です。AFFINGERであればすぐにSEOの効果がでてきて上位に表示されやすくなってくるから基本的にはWING(アフィンガー)を使っていれば問題ないでしょう。
少しオプションが多いので後々割高になってしまう気が少ししますが、『SEOの効果を感じれるワードプレステーマ』です。
WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

おすすめ機能AFFINGER

SEO内部対策済み
モバイルレスポンシブ対応機能
AMP対応機能
SNSボタン各種
ランキング機能
ライセンス:複数サイトで利用可能
ブロンズ確定seo対策後ワードプレスアクセス数
※画像転載禁止
凹んでるところがコクーンで盛り上がってるところが有料テーマ最後に急激な伸びはアフィンガーのおかげだと思う。
あとAMPが結構でかいと思う。
ただ、最後の盛り上がりで2位にしたTHOR(トール)と併用したのではっきりどっちかとは言えない。
最初に使ったのはWING(アフィンガー)を使ってる。
あとアドセンスでの記事を効率よく分散してくれるオプションJETを使っている。
購入はこちらから→WordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」
販売価格は1万4800円

トール(the・thor)

名前がかっこいいトールは着せ替えとAMPとPWAが使える有料テーマで一番高機能なワードプレステーマそれが【THE THOR(ザ・トール)】)です。
WINGは基本的にちょっと玄人向けのワードプレステーマでデザインを変えるのが難しいです。
もし有料のワードプレステーマを買ったことがなくてこれからSEO強化のために購入を考えているのであればトールを強くおすすめします。
アフィンガーのほうがSEO効果はトールより強いのではないかと思うのですがデザインは圧倒的にFITのトールのほうがおすすめです!
あとスピードもトールのほうが早いですしランキング機能もあります。
SEOとおしゃれなデザインさらに着せ替え機能の3つの高機能全てが揃っている。
結構すごいと思うのですがWINGの方に結構お金を使ったというのとAMP一括設定や見出しの上に広告設置をするのが簡単だったりという理由でWINGを上にしていますがそれ以外の機能やデザインなどの多さや簡単さはトールのほうが一枚上手だと思います。
アフィンガーもトールもお値段以上の効果は期待できます。
文章能力がそんなになくてもテーマで半分以上補えます。

実際に有料テーマは1万円以上するので初心者は心配な部分が多いと思いますがアドセンスは2桁万円を超えていますしA8でも3ヶ月以内に有料テーマの代金を回収することに成功しました!

なのでもとは取れます!はっきりいいますが余裕でした笑

最近即日支払いなどが増えてていることを考えるとWordPressのブログ(メディア)を所有していることは今後の人生を大きく左右してきます。


おすすめ機能THOR

SEO内部対策済み
モバイルレスポンシブ対応機能
SNSボタン各種
AMP対応機能
PWA対応機能
ランキング機能
ライセンス:複数サイトで利用可能
あとPWAが標準で装備されているワードプレステーマは今のところトールぐらいしかないんじゃないかな。
プログラミングとかはあまりわからないという人は2位の【THE THOR(ザ・トール)】)を検討してみてください。
購入はこちらから→【THE THOR(ザ・トール)】



販売価格は1万4800円

圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】

ストーク

3位は検索上位のテーマを見比べてみると結構な確立で出会うストークです。


ストーク
ただし、使い回せないのでちょっと高い一つのブログに集中するなら是非試してみたい。
モバイル表示の速度には定評があるようで漫画考察などの記事ではよくストークを使っている人を見ます。
究極のモバイルファーストを謳っているのでモバイル速度の向上が目的だったりマガジン形式のブログ作成にはぴったりなワードプレステーマ価格も上の2つに比べて安いけど複数サイトでは使えないので長い目で見ると高くなってしまうかも。
ライセンス:複数サイトで利用不可
販売価格は1万1000円

賢威




かなり有名なワードプレステーマ回線系のワードプレス上位はだいたい賢威で作られているので光回線などの高額アフィリエイトを狙いたい方にはおすすめです。
ただお値段は高いのでしっかり記事を更新しないともとはとれないかもしれません。
一応SEOの強さについては飛び抜けて強いです。
販売価格は24800円(税込み)
購入したい方はこちらから→2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

アルバトロス

超簡単な設定で書くことに集中できる。
SEOは記事を書きまくれば底力が出てくるイメージだけどコクーンのほうが良かった気がする。
ただ最近ちょっとコクーンよりもSEO評価が上がっているサイトがあったので様子見中
安くて難しい設定しなくてもそれなりのブログになる。
ライセンス:複数サイトで利用可能


STREETIST

モバイルファースト
高速化設定
Gutenbergエディタ対応
おしゃれなデザイン



ライセンス:複数サイトで利用可能
WordPress:4.9以上動作確認済み
PHP: 5.6以上動作確認済み
決済方法クレジットカード
販売価格14,300円(税込)

EmanonPro

Web集客特化型ビジネス用WordPressテーマ「EmanonPro
スマホ対応
SEO内部対策済み
中小企業、士業、コンサルタント、個人事業主などにおすすめの有料ワードプレステーマ
開運ワードプレス
一粒万倍日にこの記事は更新しました。



購入はこちらから→Web集客に特化したWordPressテーマ Emanon


販売価格9800円

ワードプレス制作代行

-wordpress, ワードプレス, ワードプレステーマ

Copyright© Radcules , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.